臨済宗

総本山
建仁寺(京都市東山区) 東福寺(京都市東山区) 南禅寺(京都市左京区)
天龍寺(京都市右京区) 相国寺(京都市上京区) 大徳寺(京都市北区)
妙心寺(京都市右京区) 建長寺(神奈川県鎌倉市) 円覚寺(神奈川県鎌倉市)
向嶽寺(山梨県塩山市) 方広寺(静岡県引佐町) 永源寺(滋賀県永源寺町)
国泰寺(富山県高岡市) 佛通寺(広島県三原市)
宗祖
栄西
名号
南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)
仏壇用ご本尊
釈迦如来坐像
仏壇用脇侍
向かって右:文殊菩薩 向かって左:普賢菩薩
向かって右:達磨大師 向かって左:観音菩薩

ご本尊様とは

各宗派には、信仰の対象となる仏様があります。これをご本尊様と呼びます。
天台宗なら釈迦如来か阿弥陀如来、真言宗なら大日如来、日蓮宗なら曼荼羅や日蓮聖人、浄土宗・時宗・浄土真宗なら阿弥陀如来です。
形状は仏像や掛軸やレリーフのものが、それぞれ仏壇の大きさに合わせてあります。
新しくお求めになりましたら、法要の折に菩提寺様からお経をあげていただき、魂入れしていただき、そのご本尊様をお仏壇の上の段の中央に祀ることによってお仏壇が私たちの信心のよりどころとなります。