商品を探す

御香典の表書きや出し方の注意点について

御香典の表書きとは

御香典の表書きとは

昔は各自がお香を持参して仏さまにたむけていました。
今はお香を持参するかわりに、お香の費用を御香典という形で包むことになったのです。
神式の場合には、 お香ではなく玉串を霊前に供えるので「御玉串料」というわけです。
キリスト教の場合は花を供えるので「御花料」となります。

仏式

葬儀の時の表書き
黒白の水引を使います。表書きは上段中央に、「御霊前」と書くことがもっとも多いようですが、浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。
ほかに「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

忌明け(四十九日)後の法要の表書き

黄白の水引を使い、「御仏前」と書きます。
「御供物料」と書く場合もあります。

神式の表書き

銀の水引を使って、「御玉串料」と 書きます。
「御神前」「御榊料」と書く場合もあります。

二人で一緒に包む場含

横に並べてそれぞれの名前を書きます。

キリスト教の表書き

「献花料」や「御花料」と書きます。
水引はなくてもかまいません。

グループで包む場合

半紙などにメンバー全員の名前を書き中袋に入れます。
表書きには「〇〇会有志」とか、「〇〇会社営業部 同」のようにグループを表す名称だけを書きます。

御香典の出しかたの注意点

御香典は遺族の方が後で整理しやすいように出すことが重要です。
住所や氏名は見やすいように書きたいものです。
また金額もはっきりと書くようにしましょう。

御香典の供えかた

御香典の供えかた

御香典をご霊前に供える時は、表書きが自分から読める方向にして供えます。
受付で係りの人に渡す場合には逆に、係りの人が読める方向にして渡します。

御香典を郵送する場合

御香典を郵送する場合

通夜・告別式とも出席できない時には現金書留で御香典を郵送します。
この場合、まず、現金を御 香典袋に入れてから現金書留の封筒に入れます。
その際には出席できない理由と、 故人を偲ぶ手紙を添えたほうが心がこもるでしょう。

特集コンテンツ

お盆特集

お盆特集

お盆とは?お盆の常識と作法 ...

【マナー講座】仏壇のお供え物に関する基本知識を身につけよう!

仏壇のお供え物に関するマナーをご存知でしょうか?初めてで何をして良いのかわからない方も多いと思います。 今回は仏壇の初心者でもわかりやすいように、お供え物に関...

仏具を末永くお使いいただくためのお手入れ方法について

ついつい後回しにされがちな仏具のお手入れ。放っておくと汚れがたまってしまいます。 中には掃除したいけど取り扱いがわからない方もいらっしゃるでしょう。今回は仏具のお手入れ方法...

【初心者必見】仏具に必要なもの・選び方をご紹介

多くの種類がある仏具。何から揃えればいいかわからない、何が必要なのかわからない。 そんな方も多いのではないでしょうか。 今回は初心者の方でもわかる仏具に必要なものと選...

VIEW MORE

2万円以上ご購入で送料無料
よくあるご質問

カテゴリーから選ぶ

モダン仏壇(上置)
おすすめ位牌
分骨用ミニ骨壷